みなさまの声をお聞かせください

投稿フォームへ

沖公研ニュース

尖閣諸島に関する沖縄県内資料調査に協力

この度、外務省がNPO法人沖縄平和協力センター(OPAC)に委託した『尖閣諸島に関する資料の沖縄県における調査報告書』(平成27年3月)を公表しました。本調査(報告書)は平成26年度内閣官房委託調査の一環です。
 OPAC副理事長も務めている当財団理事長安里繁信および当財団理事大浜一郎は石垣島における資料調査に協力し、調査実務担当者・専門研究者と現地の史資料所蔵者との橋渡し、連絡調整・面接調査の実現を図る等、史実関係の検証に寄与しました。
 今回は調査報告書のみが外務省ホームページ等にて公開されておりますが、今後、順次、具体的な資料の公表が検討される見通しです。