• ホーム 》
  • 沖公研ニュース 》
  • 「沖縄歴史教育入門」第1期 (第8回 「近世琉球」講師:田名真之沖縄国際大学教授)

みなさまの声をお聞かせください

投稿フォームへ

沖公研ニュース

「沖縄歴史教育入門」第1期 (第8回 「近世琉球」講師:田名真之沖縄国際大学教授)

平成27年度 地域貢献事業として開講する「沖縄歴史教育入門」講座 第1期 第8回は「近世琉球」と題し、琉球対外関係史研究の第一人者・田名真之沖縄国際大学教授に講義たまわりました。一般的に、伝統ある琉球文化が生まれたのは古琉球(中世琉球)ではないかと考えられているが、実は、近世琉球にこそ、私たちになじみ深い伝統文化の精華が生みだされたとの鋭い認識が示されました。そのうえで、冊封・朝貢、江戸上り、薩摩上国など、日本そして東アジア中華世界とのあいだの交通・交流、貿易関係を通して、「御取合」と称される琉球独自の外交ノウハウを生みだした経緯について、文献史料、絵画史料はもちろん実物資料および貿易統計を示しつつ、詳説いただきました。日本文化をアジア広域の視点から受容しつつ、積極的にアレンジメントを加え、多種多様な文化・価値・ライフスタイルを自家薬篭中のものに取り入れていく琉球人のしなやかにして強かな感性と行動力にこそ、私たちは学ぶべきではないかとする課題提起の機会にもなり、所定の授業時間はもちろん、課外でも積極的な質疑が続きました。

平成27年8月20日 19時~21時講師:田名真之先生(沖縄国際大学教授)

Posted by 一般財団法人 沖縄公共政策研究所 on 2015年8月30日